読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キミとボク

残念すぎる男子(で済むか?)の成長記録

クロスドミナンス

クロスドミナンスとは右も左も使える人、という定義でいいのかな。

まあ、そういうことにしておこう。

多いのがもともと左利きだったけど矯正で右利きになって右も左も使えるという方。

うーは天然のクロスドミナンスです。箸と鉛筆以外はほとんど右です。小さい時に左でスプーンを持ち、鉛筆を使うことが多かったのでそのまま自然に任せたところ左になりました。この時、矯正を勧める声は多かったです。ただうーの小さい頃にはもう無理に矯正することによる弊害がうたわれるようになっており、悩んだ末そのままにしました。本人にも一応「右で持ってみる?」と促したこともありますが結局左のままでした。小さい時は右利き、左利きがはっきりしないことが多いと言われていたのでうーがボールを投げるのも右で投げたり左で投げたりしてるのもいつかはどちらかに落ち着くだろうと思っていました。主人がもともと左利きだったらしくうーも主人に似たのだろうと思ってもいました。

実はうーは字を書くことが苦手でしかも小さい頃は鏡文字をよく書いていました。今でも漢字は苦手で書き順はめちゃくちゃです。

ふと思いついてうーに右の指でとある漢字の書き順を空中に書いてもらったところ、いつもでたらめな書き順がまっとうな書き順だったのです。書けるんじゃん!と思ったと同時に左で書くということは思うよりも大変なんだなと思いました。この時、右利きに直した方がいいかも、と思ったのですがすでに高学年だったこともあり矯正には至りませんでした。しかしその後もほぼ右利きな私からすると不思議な手の使い方をしていました。鉛筆は左だけど消しゴムは右手で消す。家庭科でかぎ針を使うのは右。

そして最近学校で使う彫刻刀を購入する機会がありました。今どきは右利き用、左利き用と選べるわけです。うーに「左利きでいいよね?」と聞いたところエアで彫刻刀を使う手つきを左右両方で試したところ、「右用」。

えー。マジかよ。

しかし実際作業をしてみるとやっぱり左の方が細かく使えるようで右利き用の彫刻刀を左で使っているようですが。

うーん。あまりにも不思議なのでネットでいろいろ調べたところ出てきたのがクロスドミナンスという言葉。ただネットで見かけた当事者の方はほぼ生まれつきは左利きで矯正で箸と鉛筆は右になったという方々でした。当事者の方の文章を読んでいるうちに興味深い記述が。一つは無理に矯正したためか左右盲であるということ。(うーも右左があやふやです。)もう一つは左から右に矯正されたという方に吃音がある方がいらっしゃったこと。実はうーにも吃音があります。今の学校はお友達に恵まれあまりからかわれることはありませんが、これから長じて中学、高校になると分かりません。どうにかして治らないかと思っていました。現代医学では吃音は治らないという位置づけで当事者には精神論のみです。(どもっても君はすばらしい、かけがえのない君だという感じのものですね。それもとても大事だけども。)

 

ここで母、ピコーン。

 

うーの利き手の矯正をしたらもしかして吃音が治るのではないだろうか。

後天的クロスドミナンスで吃音がある方でも左利きに戻したところ吃音が治ったという方も治らなかったという方もいらっしゃいました。

 

でも治ったら!

 

もう万々歳であります。

 

ということで早速本人にオファー。

 

吃音が治るかもしれない。治らないかもしれない。

漢字の書き順にもう悩まないかもしれない。

鏡文字(いまだに漢字の一部分を反転させたりすることあり)もなくなるかも。

そしてとどめは「両手使えるってかっこいいと思うわ~」でOKを勝ち取る母。

(右利きになったら左を使わせる気は全くないけども)

 

まず、学校であまり黒板を写す量が少ない授業の時とご飯を食べる時に右手を使うことから。しんどいと思ったら左に戻していいよということにしました。

一日たってのうーの感想は、文字を書くのはやっぱり左のが上手。(って左もたいがい汚い字なんだけど。)右手で作文書いて先生に持っていったら読めないと言われたと(いやいや、なぜいきなりそんな難易度の高い場面で右を使うかね。)食事の時に右手を使うのは給食の時も晩御飯の時も何ら問題なかったとのこと。そうなんだ・・・。

 

まあでもゆっくり少しずつですね。今左手を使っているものをすぐ全部右で!というのもストレスだと思うので。今日、家での宿題は左でやっとりました。

 

右に矯正する過程で本人がどうしてもストレスに感じてまずいということになったらこのプロジェクトはいつでも中止する所存であります。さてさて、書き方の先生にどうやって伝えるかな・・・。