読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キミとボク

残念すぎる男子(で済むか?)の成長記録

いとしのビートウォッシュちゃん

今の洗濯機はかれこれ6年と数か月使用しています。日立の「白い約束」という縦型の洗濯機です。当時、ドラム型の洗濯機への憧れはありましたが実際使っているお友達の話を聞くと洗い上がりに不満がある、という声がちらちらありました。きっと今はそんなことはないとは思いますが。洗濯物はしっかり洗い上げたいという私の熱い思いからいろんなメーカーの機種を検討し、最終的に欲しいと思ったのは日立の「ビートウォッシュ」。しかし、独特の洗い方がいまいちだという情報も当時あり悩みまくっていました。その時使っていたのは結婚時実家の母が買ってくれた洗濯機。確かシャープかSANYOだったと思います。ちゃんと動いてはいましたが結婚時は旦那の会社の社宅で置き場所がベランダだったので操作パネルがぼろぼろになっていたのと置き場所のスペースの関係で洗濯容量が小さめだったので買い替えたかったのです。

 

旦那は買い替えには同意してくれましたが買ってくれたのはビートウォッシュではなく「白い約束」という同じ縦型だけどビートウォッシュよりお安い洗濯機。買ってもらっている身なので文句は言えません。文句は・・・。うっ。

 

心で「ビートウォッシュちゃん・・・。」と泣きました。

 

が、しかし「白い約束」ちゃんも我が家の過酷な労働条件に耐え抜いてくれて早6年強。まだ動くんですが音がめちゃくちゃうるさくて。しかもだんだん音が大きくなってきている気がするし。もしかするとうーのパンツのポッケにいまだたまに挿入されている小石が原因かもと思ったりするのですがよく分かりません。旦那の見解では関係ないだろうとのことですが。修理も検討しましたがどうも状態からするとかなりかかりそう。

 

そこでまだ動くので微妙に嫌味をいう旦那を華麗にスルーして洗濯機購入をお願いしました。5月6月は新製品の発表があり古い機種がお安くなるというのも後押ししました。メーカーや機種に悩むのも面倒なので今回は日立「ビートウォッシュ」、一択。

 

最近の消費者は賢いですね。ボーナス時期というのもあるんでしょうけど、この時期に古い機種が安くなると分かってるのか午前中に旦那に見に行ってもらった機種が夕方に家族で見に行った時には売れてなくなっていました。旦那が見ていた洗濯機は今使っているのと同じ容量が8キロですが蓋がピンク(!)しかないとのことで内心「えー・・・。」とテンションダダ下がり。しかし買ってもらう身なので文句は言えないとまたもや心で泣いていたので、ある意味ラッキーでございました。次は10キロのものを見ていて、在庫があるという話だったんですが店員さんに調べてもらうと店員さん曰く話しているうちに「さっきまであった」地域で共有していた在庫がもうないと。

 

結局実は欲しかった9キロの「ビートウォッシュ」ちゃんをお買い上げ。

 

今までと同じ8キロの容量だとラグを洗う時中に入れるのが大変だったんですよね。なので少し大きくなってうれしかったんですが・・・。今回こそは妥協なく買えたかというと。実は乾燥もしっかりできる機種が欲しかったんですがその機種はやはりお高く申し訳程度に乾燥機能がついている機種でございます。・・・。

 

ああ、でもやっと念願の「ビートウォッシュ」ちゃんが買えました。

ありがとう!ありがとう!とうっかりお店のPOPにあった松潤に握手を求めそうになりました。

 

実際に洗うのが楽しみです。

 

そして「白い約束」ちゃん。今までありがとう。

おかげで楽しく洗濯できました。お疲れさん。