読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キミとボク

残念すぎる男子(で済むか?)の成長記録

シャーペン使用率についてアンケート取ってみた

うーが友達と二人でクラス中の人たちにシャーペンを使っているかどうかというアンケートを一人ひとりに聞いて回ったそうだ。以前にも書きましたがうーの学校はシャーペン使用禁止です。クラスメイトは30人強。

 

結果一人を除いて全員「家ではシャーペンを使っている」という回答を得たそう。というかいつの間にかそんなことしてたのか・・・。鉛筆を使っているという一人は「シャーペン自体を持っていないそうで、あるなら「使っていると思う。使いたい」との回答だったとか。

 

やっぱりなあ。概ね予想通りの実態調査だな。

 

ついでにうーは先生に「なぜ学校でシャーペンを使ったらいけないのか」という質問をぶつけていたらしい。

 

今の担任の先生は「決まりだから」

5年の時の担任の先生は「校長先生が決めたことだから」

 

へー。

こういう細かい方針もいちいち校長先生が決めるんだ。

 

鉛筆が書きにくいとは思わないし悪いとも思わないけども高学年になって板書も多くなるし、問題の解答も算数の計算も複雑になってくるし、文字を書く量が多くなると鉛筆は単純に効率が悪いのだ。鉛筆は丸くなると文字が見にくくなるし美しく書きたいと思えば思うほど頻繁に鉛筆は削りたいと思うものだしね。安定して一定した状態で文字が書けるというのはストレスがないと個人的には思うんだけどなあ。でもそんなことを考える自分でも低学年は鉛筆の方がいいんちゃうと思う不思議。