読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キミとボク

残念すぎる男子(で済むか?)の成長記録

不思議の先生

学校の先生ではありません。念のため。うーは以前「頭蓋仙骨療法」というものを施術していただいたことがあります。頭蓋骨は一枚の骨ではなくいくつかのパーツで出来ておりその状態をベスト(緩める?)にすることで髄液の流れをよくして脳の状態をよくするもの・・・だそうです。かなりてきとーです。

 

発達障害系のいわゆるまとめブログで「頭蓋仙骨療法」を知った母はうーに受けさせたいと思い自宅から行ける治療院を探しました。

 

本当にたまたま電車一本でいけるところにあった治療院の先生がうーと母がいうところの「不思議の先生」です。ネットでの情報では「頭蓋仙骨療法」は発達障害の子供に高い効果を出してはいるけれども最低でも20回ほどの施術が必要というのがほぼ平均的な説明でした。一回の施術が5000円として20回って普通に10万やないか!と思いましたが仕方ありません。へそくり(母が働いて貯めたお金)を使うしかないなと思ったわけです。

 

「不思議の先生」は他の整体の先生などに対して講義をされるほどの方だったのですが治療にはいろんな技法を使われているようでした。素人にはよく分かりませんでしたが。一番印象的なのは気功を使ってらしたことでしょうか。

 

うーは出産時週数に対して頭が大きくそれに対して母は小柄で骨盤が狭くてちょっと大変でした。事前にレントゲンをとって普通分娩が可能、と診断されているにも関わらず陣痛で苦しんでいる時にそのレントゲンをみた看護師さんが「もう一回レントゲンとって欲しい」とおっしゃったほどなので普通分娩のかなりギリギリラインだったのでしょう。羊水は出尽くしたのに本人は出てこず・・・。

 

そういう経緯もあり頭の状態はよくないのではと母は漠然と思っていたのです。

 

「不思議の先生」によると頭蓋骨が何か所かロックかかっている状態で左の頭蓋骨は少し歪んでいた、と。うーはよくこける子どもでした。小さい時は小さいからなあと思ってたのですが小学校高学年になってもよく「今日学校でこけた」といいズボンの膝に穴をあけていたのです。それと頭痛。よく頭痛を訴えるこどもだったのです。お世話になっている近くの整体の先生には子供で頭痛がするというのは聞いたことがないと言われてましたが。「不思議の先生」は「この頭蓋骨の状態だったらよくこけるのも頭痛がするのも当たり前だと思う」とのことでした。そのロックをとって、歪みを直していただいたのです。

 

たった一回で。

 

20回10万円(状態によってはそれ以上)を覚悟していた母は面喰います。

 

「あの・・・。子どもにはできるだけのことをしてやりたいんです。次はいつ来させてもらえばいいですか。」

 

「いや、もうベストな状態だから。調子が悪くなったら電話かメールして。お母さんを通じてお子さんの状態をみるから」

 

母の頭の中は軽くフリーズ状態でした。

 

「えーっと・・・。」

 

「自分で施術したらその状態は覚えているから」

 

正直意味がわかりません。

事前にHPで「不思議の先生」は遠隔療法というものもされるとはありましたが不思議の世界に足を踏み入れたこともなければセンスもまーったくない母には理解不能だったのです。

 

頭がついていかない状態で帰り支度をしていると電話がかかってきました。

聞くともなく聞いていると先生は電話で電話をしてきた相手の悪いところを指摘しているではないですか!

「あー、どこどこの神経が〇〇から出ててそれが痛みの原因ですね」

(セリフは適当に作っています。)

 

もううーと顔を見合わせてポカーンですよ。うーは「先生、何が見えてるんだろう・・・。」と言っておりました。母も激しく同感だよ。

 

して、頭蓋仙骨療法を受けた後のうーですが。

うーは教室でクラスメイトが騒ぐと耳がわーんとなって先生の声が全く聞こえなくなるという「聴覚処理障害」の症状(普通の人は音の取捨選択が無意識にできるのですがうーにはそれが出来なかった)がありましたがそれがなくなりました。クラスメイトが騒いでも先生の声が拾えるようになった、と。また「先生のしゃべっている内容もよく分かるようになった」と。

 

縄跳びが以前よりもたくさん飛べるようになりました。

基本運動神経はクソ悪いですがたまに褒められることがあるようです。

ま、たまーにですけどね。

体が動かしやすくなったようです。

 

記憶力も短期記憶は悪いままですが長期記憶に関しては母とうーの立場が逆転しました。以前は母が「え、そんなことも覚えてないの?」とあまりの記憶力のなさにビビッておりましたが今では母がうーに「前にかーちゃん〇〇って言ってたじゃん!」と言われてしまう始末。まあ、母の場合は単純に加齢ですな。

 

ただ、それによってより先鋭化されてしまったADDとLDの症状・・・。

(他の不調が改善されたためにより目立つようになってきたということです)

 

今回久しぶりに「不思議の先生」のところに伺い見ていただきましたが以前に比べると状態はいいとのこと。ただ胃腸が弱いのに食べ盛りでばくばく食べるのが原因(と思われる)で胃腸ちがちょっと張っていて体の左側に若干不調が出ているとのことでした。もちろん治していただきました。母は一安心です。

 

そんなすごい先生をもってしても治らない母の耳鳴りっていったい。

(もともと聴覚検査も異常なし、MRI取っても異常なし、と「原因の分からない数少ない患者の一人」とこれまた地元で評判の高い耳鼻科の先生にも言われてお手上げ状態なんですけどね・・・。)