読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キミとボク

残念すぎる男子(で済むか?)の成長記録

自らの最期に思いを馳せてみた

自分くらいの年になると親世代は十分老人で亡くなったという話は

珍しくありません。

そうなると考えるのは自分の老後というよりは死に際。

老後をすっとばしてしまうところは実に自分らしい。

 

自分はどんな最期だろう。

認知症は嫌だなあ。認知症になったら尊厳死できるとかいう

法律作って欲しいわ。

今自然災害が多いから病院で死ねるかな。

死ぬ間際にはうーに手を握っていて欲しい、と

すでにお願いしています。(笑)

そうすれば母は幸せな気持ちでこの世から去れるんじゃないかと。

 

骨は海に撒いてほしいと旦那にお願いしてみましたが却下。

別に死んだあとくらい好きにさせてくれよ・・・。

 

つかなんで自分が先に死ぬ前提の会話なんだ。